残品(商品取り置き)有料化のご案内

大田花きでは2014年より残品(商品取り置き)の有料化を実施して参りました。
従前よりご案内の通り、商品取り置きによる場内使用スペースの圧迫、台車不足による荷受け遅延~搬出遅延が発生しており、場内物流に大きな支障が出始めております。
また、物流環境(運送面)の変化により、輸送ルートの減少や減便等、火木土の荷物を水金月に持ち越し、併せて搬出する買参人様が増加し、場内物流環境が加速度的に悪化し始めております。
このような情勢の変化を鑑みて、以下の通りルールの改定を実施させて頂きます。

【残品有料改定日 9月1日】

予対・相対・セリ取引商品(在宅購入品含)に関わらず、原則当日引き取りをお願いいたします。お客様の都合によりお引き取りが叶わない場合は 翌日の正午を超えた時点 から、課金を実施し徴収いたします。

最小単位を台車(1ケースから)500円/日(1台増えるごとに500円/日)


※原則残品は台車積載し保管。形状により発生した台車数分課金いたします。
※紛失・盗難の防止や、品質を保証するものではありません。
※配送便への積載サービスをご利用の場合には、紛失・盗難が発生しないよう管理致します。

課金対象外ケースについて
買参人様の責によらず、弊社や産地様の都合(道路交通事情・天災地変による入荷遅延、分荷遅延)で商品のお引き渡しが叶わなかった場合は、迅速にご連絡を差し上げたうえで課金せず引き渡しの段取りを取らせて頂きます。
※作り榊・荒神松などは、入荷日が変動いたしますので課金対象からは除外いたします。


スムーズな商品引き渡しを目指しております。何卒、ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

株式会社大田花き
ロジスティック本部
0