ヒバ杉類準備万端

松・千両では日本全国に知れ渡っている地域ですが、実はピーマンでも生産量日本一を誇る茨城県神栖市(旧波崎町)から、クリスマスに最適のヒバ杉類を今回はご案内させて頂きます。

お花屋さんにご好評を頂き、年々生産量を増やして頂いてまいりました。本年も7月の長雨・低日照や、8月の高温旱魃など気象面でご苦労の多い年となりましたが、私たちが仲良く元気に栽培管理を進め、10月現在順調な生育を見せております!と宮内薔薇園の皆様が温かく迎えて頂きました。

茨城県神栖市は銚子湾に近く、塩害(海から吹く風が海水を運び農作物に掛かる事によって、葉っぱが赤く焼けたり、枯れてしまう現象)から農作物を守る栽培管理が一手間掛かってしまう地域。ご出荷前最終の商品チェックとして選花選別には細心の注意を払って作業をされていると仰っておりました。

今月から主力のブルーバードやブルーアイスが切れ始まります。クリスマスのリースにピッタリの商品ですので、ご家庭でもご家族でリース作りを楽しんで頂けたらと宮内さんご家族もニコニコ仰っておりました。

生産されている圃場(作物を育てる畑を指す言葉)の様子です。こんな感じで作っているのですね。ブルーアイスは30cm~40cm主体の出荷が中心となり、50cm以上は非常に少なめとなる見込み。ブルーバードは非常に伸びづらい品種ですが、要望に応えるため30cm~70cmまでの出荷が可能で、生産量も順調に増えてまいりました。

クリスマスに向けてご利用頂けたら幸いですと仰っておりました。ご期待願います♪

10+