ポインセチアが本格出荷!

本日は静岡県富士宮市でポインセチアを生産している高橋園芸様をご紹介いたします。

高橋園芸様は、静岡県富士宮市で鉢花生産を始めて25年になります。圃場は富士山の恵みである豊かな地下水を利用し、準高冷地の気候を生かして、発色に拘った高品質の生産に取り組んでおります。現在は350坪のハウスと100坪のハウス2棟管理しており、春はペチュニア、冬はポインセチアとユーホルビア・ブラックバードの生産に励んでおります。

高橋園芸様のポインセチアは6号サイズのみと少し大きめの仕立てとなっております。品種も基本の赤に加え、ゴールド系・ホワイト・ライム・ピンク系など幅広く生産されております。11月10日過ぎより12月初旬頃までの出荷となります。

ポインセチアはクリスマスの装飾遣いはもちろん、お部屋のリビングに一鉢置けば色鮮やかなカラーで雰囲気がガラリと変わること間違いなし!お部屋での管理は、昼間は明るい窓辺で夜間は寒くならないよう部屋の中が理想です。しかし、暖房機の近くだけは避けてください。お水は土の表面が乾いたら鉢下から水が出る位たっぷりと。決して受け皿での貯め水は避けてください。根腐れの原因となります。まだ、色づいている苞はデリケートなのです。水が掛からないよう気をつけてください。

これから色とりどりのポインセチア達がクリスマスに向けて増えて参ります。是非、お部屋に一鉢飾ってみませんか? 

4+