品種カタログ運用開始

いつも商事部ポータルサイトをご利用いただき有難う御座います。

この度、当サイトにインスタグラムと連動した品種カタログのリンクページを作成いたしました。時間の経過と共にアイテムの内容充実を目指し、花好き生活者の方に楽しんで閲覧頂くと共に、業界関係者にも便利にご活用頂けるよう、利便性の観点を検討しながら努めてまいりたいと思います。

以下に画像関連ページのリンクを添付いたします。お時間のある時にご覧ください。

大田花き商事部

0

鉢物開市日変更のお知らせ

本年4月より新型コロナウイルス感染拡大防止観点から鉢物市を切花と併せ、月曜・水曜・金曜の総合市にて開催して参りましたが、11月以降の入荷量増加に伴い従前よりご案内をさせて頂いておりました通り、下記の期間にて火曜・木曜・土曜日に園芸(鉢物)市を開催させて頂きます。

令和2年11月17日(火)~12月29日(火)

※11月16日(月)は総合市として鉢物販売をいたします。
※令和3年1月より再び月曜・水曜・金曜開催総合市での鉢物販売に戻ります。

買参人の皆様方に於かれましては、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。ご不明な点がございましたら弊社営業園芸担当までお問い合わせください。

株式会社大田花き

0

鉢物事前情報の送信方法

以下のいずれかの方法で送り状の事前情報をお送りくださいますようご協力お願い致します。
※必ず、市場名・販売日・出荷者名の記載をお願い致します。

○FAXでの送り状送信
 次の番号に送り状を送信してください。
 鉢物専用FAX:03-3799-6214

○メールでの写真添付
 次のアドレスに送り状の写真を添付して送信してください。
事前入荷情報専用アドレス:nyuka(アットマーク)gw.otakaki.co.jp

○Send photoによる写真送信
 次のQRコードを読み込んでから送り状を撮影し、送信してください。

○OLIVE+から送り状を作成し送信
 スマートフォン用サイトからログインして頂き、必要な情報を入力し送信してください。
 ※事前にOLIVE+の会員登録が必要となります(無料)
  また、仕切書をOLIVE+からご覧頂く場合には通信費はかかりません。
「OLIVE+」とは?
送り状入力の他、入荷および市況の概要とご自身の出荷された商品に関する仕切データをWEB上で照会・ダウンロード出来るサービスです。産地様向けは無料となっておりますので是非ご加入をご検討下さい。

(株)大田花き           
情報システム本部 情報管理チーム 
お問い合せTEL:03-3799-5847    

4+

セリ購入機器誤操作に関する運用ルールについて

■当日再上場可能時間

再上場は当日(セリ開始から終了まで)行いますが、再上場申請のタイミングによっては当日再上場叶わない場合がございます。

■再上場の手続き手順

押し間違いの申請は、速やかに弊社現場事務所にてお手続き願います。現場事務所メンバー不在時は、お近くのロジスティックメンバーで承ります。お電話での受付は一切行っておりませんのでご了承願います。(※在宅せりを除く)

■再上場方法の選択について

現場事務所へ申請頂く際に、再上場時の方法をお伺いいたします。

★現物を回収しセリ人が商品を見せての再上場
★現物を回収せず情報のみでの再上場     2通りのいずれか。

続きを読む
0

Do It Yourself(後半)

なかなか良い出来栄えで完成

高さ2.0m 横幅1.82m 奥行1.0m 撮影セットが完成いたしました。

使用しない時は支柱を外し、コンパクトに収納する事が出来ます。スクリーン部分は床に貼るフローリングマットを利用しており、ちょっとの汚れならビニールコーティングされており、簡単に落とすことが出来ます。耐久性にこだわりました。キャスターを取り付けたことでスムーズに必要な場所へ移動させる事が出来ます。奥行きも1mあり、ボリューム感ある商品を設置することが出来、高さも2m取っており、そこそこ長尺な商品も撮影することが出来る仕様。

続きを読む
3+

海外からの迷惑電話が増加しておりますのでご注意ください。

非通知での着信若しくは、国際電話による着信の報告があります。

内容は、中国語で一方的にしゃべっている。とのことでした。

わかる範囲で調査をしたところ「中国大使館より、着信者あての荷物が届いているから、要望するダイヤルを入力してください。(自動応答)」との詐欺らしいです。実際に詐欺にあった人を確認しておりませんので正確ではありませんが、不審であることは間違いありません。無用なトラブルに巻き込まれないようにしたいので「万が一着信があった場合は出ない。若しくは出ても電話を切るようにしてください。」

以下の対応を推奨いたします。

続きを読む
0

Do It Yourself(前半)

特に目で楽しむお花はビジュアルが大切。

良さをお伝えするにはコメントより画像の充実が重要。撮影テクニックもさることながら、撮影環境も工夫しお役に立つ!と考え、この度自作の撮影セットを作成することにいたしました。

DIY(Do It Yourself)

いつでも統一感ある背景で画像取得する事が閲覧者にとってストレスないのでは?との考えに至りました。市場のライブ感は時折ブログでお伝えするにして、今回は「統一感」を求めてDIYです。

木のパレットを用意して台座にいたします。天板を貼って凸凹を整え、パイプを二本設置し、背景となる布をロールスクリーン状に上から垂らします。使用中に汚れることを見越して、若干厚めの素材で妥協しましたが、表面がビニールコーティングされたフロアマットを使用して背景といたします。撮影セット移動の利便性・静粛性を満たすためゴム素材の車輪を四隅に配置しました。

パレットのサイズは120cm×100cmです。

フロアマットを探すと幅が91cmと182cmの2タイプのみしかない事に気付きました。182cm幅を120cmにカットすることも考えましたが、あらゆる環境を想定して182cmを活かすことといたしました。

ポールの高さは2m。パレットの奥行きは1mの為、余裕を持って3mのフロアマットを準備して臨みます。

近日中にDIY(後半)を発信して運用開始をご報告できるようにします。なかなか日曜大工もお金掛からず楽しいものですね♪

0

商事部活動開始

この度大田花きでは商事部を立ち上げ、激動する時代の変化に合わせ、生産者が大切に育て上げた価値あるお花やグリーンを、生活者にお届けして潤い豊かな暮らしを楽しんで頂けるために、従来の市場流通ではカバーできなかった様々な範囲や様々なサービスを提供して、生花店や花束加工業者、生産者や物流業者の利便性向上を目指してまいります。

続きを読む
1+

切花+鉢物=総合市について

平素は大田花きをご利用戴き誠に有難うございます。

ご利用戴いているお取引先の皆様より、鉢物の月水金の取引についてのご要望を多く戴いていた経過がありました。社内において検討をした結果、鉢物繁忙期間(※)を除けば、場内物流面も踏まえた上で対応が出来るとの判断をいたしました。

続きを読む
0

残品(商品取り置き)有料化のご案内

大田花きでは2014年より残品(商品取り置き)の有料化を実施して参りました。
従前よりご案内の通り、商品取り置きによる場内使用スペースの圧迫、台車不足による荷受け遅延~搬出遅延が発生しており、場内物流に大きな支障が出始めております。
また、物流環境(運送面)の変化により、輸送ルートの減少や減便等、火木土の荷物を水金月に持ち越し、併せて搬出する買参人様が増加し、場内物流環境が加速度的に悪化し始めております。 続きを読む
0