情報管理チーム
● 入荷入力業務では、出荷者から頂いた出荷情報を、仲卸やお花屋さんが購入できるように、当社基幹システムへ入荷情報を登録・作成して行く作業を行い、全ての取引の入り口となる重要な業務を担っております。
● 仕切書作成業務では、全取引終了後にいち早く正確な仕切情報を出荷者へお届けする業務を担っております。

入力業務は、出荷者様から主にFAXやメールで出荷情報が届きます。天候や前回の販売結果など、様々な条件で概ねセリ日の2日前から前日に到着いたします。 出荷情報到着後、当社基幹システムに内容を登録して販売に乗せるのですが、現在は入荷数量の約8割が時間前で成約しております(予約相対・相対取引)。 この約8割の成約を得るにはリードタイムが非常に短く、出荷情報到着後からスムーズで一貫した流れを整え、正確にシステムへ入力をしていかなければなりません。
また、買参人様はいつも、どんな商品の入荷があるか、当社提案担当者も同時にアンテナを高く張っていなければなりません。買参人様が欲しいと思うタイミングで、必要とされる商品を集荷し、適切に提案できる環境を営業本部が作っておりますので、情報管理チームではスムーズに情報作成を行い、タイムリーに提案営業を実践できるように、部署横断的に業務を展開しており、生産者やお花屋さん、消費者にお喜び頂けるように日々頑張っております。

仕切業務とは、仕切=買参人への販売が確定した金額のことをいい、当日の販売価額を当日の内に生産者にお知らせする必要があります。販売情報に間違いがないか、出荷された商品が完売しているかを細かくチェックし、仕切を確定します。生産者へのお知らせに続き、市場管理者である東京都に一日の全取引情報を報告します。東京都は、取引が公正に行われているかをチェックし、価格情報を消費者に公開しています。

最近の取り組み=ペーパーレス化 & RPA

FAXで頂いた出荷情報を、「FAXMAILビュアー」という、紙に出力せずにパソコン画面に表示させて基幹業務に登録を掛けるペーパーレス化と、メールで頂いたものをロボットに処理してもらうRPAを用いて業務を行っております。 また、オリーブでの送り状入力もスマートフォンを用いて圃場から出荷情報の登録が出来ると、産地さんよりご好評いただいております。ノウハウの提供が出来ると思いますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

支援チーム
OLIVEの管理・会費の徴収、パソコン等のレンタル、ネットワーク環境の保守代行を行っております。
業界の実情を把握したシステム管理者が分かりやすくサポートいたしますので、お困り事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

以下のいずれかの方法で送り状の事前情報をお送りくださいますようご協力お願い致します。※必ず、市場名・ ...
続きを読む
非通知での着信若しくは、国際電話による着信の報告があります。 内容は、中国語で一方的にしゃべっている ...
続きを読む