私たちのティームは、バラ・カーネーション類・洋蘭類・葉物と、基幹品目4分類で構成されております。

選りすぐりの国産商品はもちろんのこと、世界各地の輸入商品を多く取り扱っていることが特徴のひとつです。

多種多様な系統のある「バラ」は、花の女王にふさわしくあらゆるシーンでご利用をいただけます。一重で軽やか。和モダンな商品や、ロゼット咲きで開花が進むにつれ表情を変えるゴージャスな品種。赤道直下の1000mを超える高地で栽培され、花がとっても大きいインパクト絶大の商品や、値札を気にせず色合わせでついつい手に取ってしまうコストパフォーマンス抜群の商品まで、幅広くラインナップしております。

「カーネーション類」は、長年にわたり通年で安定した流通量を誇っており、その品種バリエーションもトップクラスと自負しております。近年種苗会社の頑張りにより、多種多様な形状のカーネーションが作出され、一輪タイプのカーネーションはより一層の大輪化が促進され、星咲きで清々しいSPタイプの品種が増量して来り、なでしこ類に関しては定番のソネット系中心に、ひげ撫子・浜撫子・煙のような伊勢撫子・極小輪多輪付のラフィーネや、既に定番となりましたグリーンが鮮やかな手まり草など。形状が大きく異なる多種多様な品揃えを実現しております。

「洋蘭類」は、その趣向性からマニアも大変多く、全世界にはまだまだ見た事のない変わった品種が生育しておりワクワク感が止まりません。流通ベースに乗る営利栽培品種でも、高温多湿の熱帯地域で限定栽培される色鮮やかな品種群や、大輪から小輪タイプまで取り揃えたメジャーな商品の胡蝶蘭、冬の基幹品目ではシンビジューム(夏場は南半球から高品質な商品の入荷がございます)もございますし、トロピカルなマストアイテムではアンスリュームも欠かせません。

「葉物」は、とっても重要な名脇役で、種類も形状も大きさも非常に豊富な重要アイテムです。葉物で季節感を表現できるほどトロピカルや和テイスト、元気に見せたりおしとやかに表現したりと、使わないフローリストはいない最重要品目で、その可能性は計り知れない広がりを見せております。

国内生産者とのタイアップはもとより、全世界と繋がりを輸入商社と持っており、定番アイテムはもとより希少性の高いアイテムについても常に探し続け、新たなトレンドの発信に努めて参ります。

本日からブログ投稿スタートいたします。今後ともよろしくお願いいたします。 国内外から良質な商品が連日 ...
続きを読む