三豊営農センター・三豊花卉部会

恵まれた風土・気候の元、マーガレット、ひまわり、新鉄砲百合、デルフィニューム、ラナンキュラス、スナップ、小菊、アスター、ダリア、ストックなどの高品質な草花が栽培されており、この時期は、マーガレット、スナップ、ラナンキュラスの出荷最盛期を迎えています。

生産者数 82名
栽培面積 延べ面積 約16ha
出荷量 約590万本前後

◆マーガレット:農家戸数36
主要品種は在来マグ。出荷ピークは2月下旬~3月。
一番のポイントは「日持ちの良さ」です。受験生を応援する「落ちない花」としてこれから旬の一品です。

◆スナップ:農家戸数13
主要品種はレジェ系、アスリート系中心に10-13種、出荷ピークは10月下旬の秋口と3月上中旬。
一番のポイントは「生産者間でばらつきのない選別の良さ」、「シーズン通してブレない規格での出荷」です。農協一押しは「レジェスノー」。本品種は昨年の試作を得て本年よりレギュラー入りし、出荷開始の10月から確りとした品質をしており、市場としても高評価の一品になります。

◆ラナンキュラス:15名
つぼみの時の花の形が、香川の伝統工芸品【讃岐かがり手鞠】に似ていることから名付けられた香川県オリジナルの【てまり】シリーズ。
品種の数は現在10数品種。花弁数が多くボリュームがあり、かわいくて日持ちも良く、【ゆずてまり】や【レモンてまり】等は柑橘系の香りがするのが特徴です。
【竜宮シリーズ】も別シリーズであり、生産者の方が育種したオリジナル品種。約20品種生産されています。
出荷時期は11月中旬~4月中旬頃までを予定。

◆アスター:農家戸数22
主要品種はボブ系、マッシュ系、アズミ系など。出荷期間は5月~12月(期間内に端境あり)。一番のポイントは「確りとしたスプレー仕立て」「使いやすい入り数」です。農協一押しは勿論「マッシュラベンダー、サーモン」ですが、花弁が短く輸送時に傷みづらいボブ系も実はお勧めです。

是非、三豊花卉部会様の草花のご利用をお願いいたします。

+4

田川農協本所のアスター

福岡県田川農業本所様からご出荷頂いていますアスターをご紹介いたします。

通常、アスターは連作障害が出やすい植物ですが、田川農協本所のアスターは国内で唯一、周年出荷を実現されています。

なぜ途切れの無い出荷が可能かというと、自主育成の苗を使い、「粒状オアシス」という特殊な培地を用い高設隔離ベンチにて栽培しており、菌を繁殖させない為、期間を開けずに出荷が出来るのです。

ラインナップは、ステラピンク・トップブルー・レッドの3品種を中心に、時期によりやや品薄になる色目もございますが、1月から12月まで周年出荷をされています。

ポンポン咲きのマカロンシリーズも出荷されています。お菓子のマカロンみたいで可愛らしいですね。
又、種苗メーカーと連携し試作品種の育種にもチャレンジ頂いております。


先進的な取り組みと、安定供給の田川のアスターをご紹介いたしました。
ご利用の程よろしくお願いいたします。

+2