ネイティブフラワー・コチア

雪を被った針葉樹林みたいに見えるこちらの花はネイティブフラワーのコチアです。手に取ってみると白いフワモコ感がかわいらしく、クリスマスの飾りつけに最適です。

このかわいらしい姿からはイメージがつかないかもしれませんが、このコチアを生産している場所は、夏場は晴天が続き雨がほぼ降らない乾燥した土地のイスラエルなんです。

この辺↓イスラエル中央部のハーブなどの草花の生産が盛んな地域で栽培されています。

イスラエルは、農業国で花の生産も盛んな場所です。栽培された花はヨーロッパをはじめ、世界へ輸出されています。

コチアは、出荷できるまでに8年かかり、非常に栽培が難しい商材です。
南半球のオーストラリアでも栽培はしていますが、12月のクリスマスに出荷最盛期を迎えられるのは世界広しといえどもイスラエルのみです!
木本植物のコチアは日照量が重要で、イスラエルの夏は雨がほぼなく、晴天の日が続きます。夏場に十分にお日様に充てることができ、クリスマスのシーズンに出荷を合わせることができるのです。

管理方法は、コチアは水が汚れやすいので、先ず茎下部の葉をしっかりと落としてから水揚げすることと、小まめに水換えをすることが大切です。
又、長く楽しむには、水が下がってきたらそのまま干してドライにすると綺麗にドライになり楽しめます。

他のフワモコ商材よりも茎が長い(取扱いは40~70㎝がございます)ので、幅広い用途に適しています。

出荷時期は10月下旬から12月クリスマス迄となります。本年コロナの影響で航空運賃が高騰している影響もありましたが、イスラエルでも日本同様に技術のある生産者が後継者不足で年々減っており、栽培量が減少傾向にあるようです。コチアを取り巻く環境は厳しい状態ではありますが、商社様も一生懸命集荷頂いております。

是非、ご利用の程よろしくお願いいたします。

+1